今春、高校を卒業した長男は浪人して予備校に入った…

西日本新聞 社会面 野津原 広中

 今春、高校を卒業した長男は浪人して予備校に入った。授業はネット配信の動画を見て自宅で受けている。来年の大学入試はどんな形になるのか。講義がない中、今の大学1年は2年に進級できるのか。新入生募集を取りやめたりしないか。来年度のキャンパスの姿は想像もつかない。

 野球部で投手をしている中学3年の次男は、昨年末から公式戦でも投げ始めた。球春を迎え「さあこれから」と私は楽しみにしていた。だが部活は3月から休止に。目標とする最後の夏は、全国大会の中止が決まった。せめて区切りとなる地方大会か、何らかの試合があることを願う。

 私は福岡市の自宅の地元でソフトボールチームに入っている。今季のリーグ戦は中断。各チームが試合後によく行く焼き鳥店の大将は元気だろうか。持ち帰りで応援しようかな。新型コロナウイルスの影響は終わりが見えない。外出自粛で、つれづれと思いは巡る。 (野津原広中)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ