劇団四季「ノートルダムの鐘」福岡公演中止 「パリのアメリカ人」も

 劇団四季は6日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、ミュージカル「ノートルダムの鐘」福岡公演(西日本新聞社など主催、6月14日千秋楽)の全公演を中止すると発表した。同公演は福岡市博多区のキャナルシティ劇場で2月17日に開幕したが、4月2日から休演していた。同劇場で7月12日~8月30日に上演予定だった「パリのアメリカ人」の全公演も中止する。チケットの払い戻し方法は劇団公式サイトに掲載する。

 また新劇場「JR東日本四季劇場 秋」(東京・竹芝)のオープニングを飾る7月14日からの新作ショー「劇団四季 The Bridge 歌の架け橋」も中止を決めた。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR