今年は5月を「母の月」に 福岡の生花店など、受注分散で感染防止へ

西日本新聞

 「母の日」の10日に集中する注文を分散させ、新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、花の生産や流通の関係団体でつくる日本花き振興協議会が、5月の1カ月間を「母の月」にしようと呼び掛けている。

 福岡市中央区平尾の生花店タントフィオーレでは、店内での混雑を避けるため、入店者の数を制限するなど感染防止に努めている。10日以降も母の日の贈り物として人気のカーネーションの切り花やアジサイなどを販売する。

 同店の平山美穂代表(48)は「母の日を過ぎても感謝の気持ちを伝える花を買いに来てほしい」。カーネーションの鉢植えを購入した男性は「今年は連休の帰省を控えた。外出を自粛している母親の癒やしになれば」と話した。

 (三笘真理子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ