中東活動後継艦「きりさめ」海自佐世保基地から出航

西日本新聞 総合面 宮崎 省三

 中東海域で日本関係船舶の安全確保に必要な情報収集に当たるため、海上自衛隊の護衛艦「きりさめ」(4550トン)が10日、海自佐世保基地(長崎県佐世保市)から現地へ出航した。九州の艦艇が今回の中東派遣に参加するのは初めて。

 2月から現地で活動している護衛艦「たかなみ」の後継。6月から数カ月間、現場海域で付近を航行する船舶の船籍や針路を確認する。

 きりさめには約200人が乗艦。新型コロナウイルス感染症を警戒し、艦内で乗員のPCR検査を行い、出航後2週間は日本近海で訓練する。

 佐世保基地での出国行事も感染拡大防止のため、隊員家族らの見送りを取りやめた。中尾剛久海自佐世保地方総監が河野太郎防衛相の訓示を代読。「万が一の場合の医療態勢を含め、任務遂行に支障が生じないようバックアップする」と新型コロナへの備えを約束し、安心して任務に専念するよう求めた。 (宮崎省三)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ