未知の脅威に人類の備えは ウイルス学の権威・山内一也さん

西日本新聞 社会面 久 知邦

 ウイルスは19世紀末に発見され、20世紀を通じて人や動物、植物などの病気の原因として研究が急速に進展した。21世紀に入るとゲノム(全遺伝情報)解析が容易になり、ウイルスの新たな情報が蓄積された。病原体としてのウイルス像は真の姿ではなく、極めて限られた側面だったことが分かってきた。

 ヒメバチは、イモムシなどの体内に卵を産み付けて寄生する。卵は異物なのでイモムシの自己防衛機能が排除するはずだが、卵に含まれるウイルスが免疫細胞をまひさせることで生き延びることができる。そればかりか、イモムシにふ化した幼虫の餌になるよう糖も作らせるし、内分泌系を乱してチョウに変態するのを阻むことも分かっている。

 殺虫剤からガを守るウイルスや、灼熱(しゃくねつ)の環境でも植物が育つように耐熱性を与えるウイルスも発見された。人間と共生しているウイルスがエイズの発症を抑えている可能性も注目されている。数百万年、数千万年にもわたって宿主と平和に共存してきたウイルスは守護者でもあったのだ。

    ◆    ◆ 

 一方で、本来の宿主ではない動物種に出合うとウイルスは牙をむく。人間社会の広がりで地球は狭くなっており、未知のウイルスと人間が遭遇する可能性は高まっている。

 牛海綿状脳症(BSE)が発生した際、食品の安全に関するリスクの評価や管理、危険性を正しく伝えるコミュニケーションの必要性が認識された。未知のウイルスも同じで発生の可能性や発生した場合の病気の重さ、感染性からリスクを評価し、発生前からの備えが重要になる。

 だが、コロナウイルスによって起きたSARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)を経験していたにもかかわらず、新型コロナウイルスへの備えはなく、泥縄式の対応になってしまった。

 臆測や誤った情報がインターネット上で広がる「インフォデミック」が起きたのも、リスクコミュニケーションの観点からの備えが十分ではなかったからだ。

    ◆    ◆ 

 新型コロナウイルスによる感染者数や死亡者数が各国で大きく異なるのは、医療体制や公衆衛生対策の相違によるものと考えられる。ただ、感染を繰り返している間に毒性を増している可能性もある。

 コロナウイルスは非常に変異しやすい。現在、養豚産業を悩ませている豚流行性下痢症もこのウイルスによるものだ。1970年代初頭に発生した時は哺乳中の子豚だけがかかる軽い病気だったが、数年後には毒性が増し、どんな年代の豚でも罹患(りかん)するようになった。新型コロナウイルスがどのように変異するのか留意する必要がある。

 野生の哺乳類には、少なくとも32万種類の未知のウイルスが潜んでいるという推定もある。人、家畜、野生動物の健康が密接に関連していることを理解し、医学や獣医学など分野を超えて同時に感染症対策を講じる「ワンヘルス」の取り組みが、未知のウイルスへの対応では重要になる。 (聞き手・久知邦)

 ◆やまのうち・かずや 1931年、神奈川県生まれ。国立予防衛生研究所室長、東京大医科学研究所教授を経て、東京大名誉教授。専門はウイルス学。天然痘などの根絶に貢献した。著書に「ウイルスの意味論 生命の定義を超えた存在」など。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ