【やさしい日本語】使(つか)わなくなった 人形(にんぎょう)に 感謝(かんしゃ)して、「さよなら」をする

福岡(ふくおか) (けん)   飯塚(いいづか) () に  曩祖(のうそ) 八幡宮(はちまんぐう) という  神社(じんじゃ) が  あります。

毎年(まいとし) 、この  神社(じんじゃ) では、使(つか) わなくなった  人形(にんぎょう) に  感謝かんしゃして  わかれる  行事ぎょうじが  あります。

神社(じんじゃ) の  (ひと) が、人形(にんぎょう) に  お(いの) りをして、() やします。

1995(ねん) に、神社(じんじゃ) (ちか) くの  (みせ) の  (ひと) たちが  (はじ) めました。

使(つか) わなくなった  人形(にんぎょう) は  どうしたら  いいですか」と  相談(そうだん) が  あったからです。

その  (はなし) を  () いて、(あつ) まる  人形(にんぎょう) が  だんだん  () えていきました。

今年(ことし) は4(がつ) 10(とおか) に  行事(ぎょうじ) が  ありました。  日本(にっぽん) の  いろいろな  (まち) から  1(まん) ぐらい  人形(にんぎょう) が  (あつ) まりました。

ある(おんな) の  (ひと) は、祖母(そぼ) から  もらった  人形(にんぎょう) を  () やしてもらいました。

(いえ) に  (かざ) る  場所(ばしょ) が  なくなりました。神社(じんじゃ) に  お(ねが) いすることにしました」と  (はな) しました。

今年(ことし) は、(あたら) しい  コロナウイルスが  (ひろ) がっています。

ですから、いつもよりも  行事(ぎょうじ)   に() る  (ひと) を  () らしました。

行事(ぎょうじ) の  準備(じゅんび) をした  (ひと) は「人形(にんぎょう) と  (わか) れる  (ひと) たちが  (こま) らないように、今年(ことし) も  (おこな) いました」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR