在住外国人、コロナ受診に不安 「差別受けた」「2カ月収入ない」 

西日本新聞 社会面 坂本 信博

 長引く新型コロナウイルス禍の中、母国を離れ日本で暮らす外国人はどんな思いを抱えているのか。福岡・九州の地域情報を多言語で発信している月刊誌「フクオカ・ナウ」(福岡市)が1~5日に福岡県在住の外国人にアンケートをしたところ、回答者413人の4割超が医療機関の受診に不安を抱えていた。収入が減少した人が約半数を占め、「コロナに関して外国人であることを理由に差別を経験した」という回答が約2割に上った。

 アンケートはインターネットを使って英語で実施し、同誌のウェブサイトや会員制交流サイト(SNS)などで回答を呼びかけた。回答者の76%が21~39歳、20%が40~59歳だった。

 言葉の壁などで日本の医療機関を受診するのが不安と答えた人は44%を占めた。同誌のニック・サーズ編集長は「この回答は予想以上に多かった。多言語対応できる医療機関は増えてきたが、外国人の増加に追いついていないか、多言語対応が知られていないということだろう」と話した。外国人として差別を経験した人は18%いた。「国際線がストップして国に帰れない」という回答もあった。

 コロナ禍の影響で収入が減少したと答えた人は48%で、「4割以上減少」が28%、「8割以上減少」が17%だった。「この2カ月、収入がない。日本政府も自治体も何もしてくれない」(フリーランスの英語講師)という声もあった。

 政府が打ち出した国民1人当たり10万円給付の対象に、3カ月を超える在留期間をもつ外国人が含まれていることについては、97%が「知っている」と回答。ただ、9%の回答者が「申請の方法が分からない」と答えた。

 サーズさんは「短期間で予想を上回る回答があり、声を上げたい外国人が数多くいると分かった。ウェブサイトで自動翻訳の情報を発信している自治体もあるが、まだまだ精度が低い。コロナのような命に関わる情報は、それぞれの国の言語で正確に発信する必要がある」と指摘した。 (坂本信博)

◆調査結果の詳報はフクオカ・ナウのウェブサイトで公開しています。

https://www.fukuoka-now.com/ja/news/results-for-fukuoka-foreign-residents-survey-on-covid-19/

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ