休業手当

 会社などが業績悪化といった「使用者の責に帰すべき事由」で従業員を休ませた場合、その間に支払う手当。正規、非正規労働者を問わず支給するのが原則で、労働基準法は金額を平均賃金の60%以上としている。平均賃金は、直近3カ月間の賃金の総額(税金や社会保険料が差し引かれる前の額)を、その間の日数で除して算出する。

関連記事:コロナで収入減…どう乗り切る?家計の専門家が助言

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR