葉月流「おうち時間」元気を運ぶ 100均素材でマスク、新劇場予想模型

西日本新聞 古川 泰裕

 新型コロナウイルス禍の中、HKT48のメンバーは日々更新するツイッターや、短い動画を投稿する「TikTok」でファンとの交流を続け、長引く“巣ごもり”を少しでも前向きに楽しんでもらおうと工夫を凝らしてきた。中でも、チームTⅡ副キャプテンの外薗葉月(21)は個性を生かし、動画などを精力的に発信した。葉月流の「おうち時間」を追ってみた。

 「人と会わないように過ごしています。あと手洗い、うがいは必ずやっていますよ!」。アンケート取材に、そう近況を伝えてくれた外薗。多少暗いイメージもある巣ごもり生活だが、チームTⅡの屋台骨を支えるしっかり者は「家族の時間をすごく楽しんでいます」と発想を転換。「いつもそれぞれの仕事でご飯の時間とか、ずれていたけど、今はみんな一緒だからうれしい!」と喜びを見いだす。

 レッスンも含め、活動は大幅に制限されたが「SNSや動画配信は自宅でもできる。それをたくさん使って発信を」と気持ちを切り替えた。中でも積極的に活用した「武器」がHKTのユーチューブ公式チャンネル内でやっている「はづちゃんねる」。福岡に緊急事態宣言が出てからは約20本を配信した。

「買い物は3日に1回」を実践して作った料理ⓒMercury

 

 外出自粛前までは、観光名所や話題のスポット紹介が多かったがそうもいかない。「外で撮ることができない分、家の中で可能なことや、自宅で見てくれる人の役立つ情報を意識して発信するようにしました」

 東京都の小池百合子知事が呼びかけた「買い物は3日に1回」にも反応。3日間でどれくらいの食料がいるのか、31品目を自分で調理しながら検証した。

 このほかにも「おうちでやってみてね」と題したクイズ、コロナ禍で注目を浴びる妖怪「アマビエ」の紙芝居…と知恵を絞った。

 反響が大きかったのが開館を待つHKTの新専用劇場のステージを予想して作る回。3案を示し、ライブに飢餓状態のファンを喜ばせた。

 サービス精神旺盛な外薗だが、情報収集など、少し大変な面もあるそう。「編集も撮影も自分でやっているので、編集が間に合わなさそうな時とか、長尺の動画の時は少し焦ります(笑)」

 

 

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ