「暗証番号4種」の怪 小出浩樹

西日本新聞 オピニオン面 小出 浩樹

 顔写真付きのマイナンバー(個人番号)カードは希望者に交付される。私の財布にも入っている。 

 個人番号制が目指す公平な税負担や社会保障を後押しするのならばと、2016年の開始時に申請した。ただシステム障害などトラブルが続き、カードの普及率は15%止まりという。実生活で使うメリットが小さいことも不人気の要因だ。 

 そして今月。「ついにここまで」と驚く出来事が起きた。8日付本紙に、こんな見出しで大混乱が報じられた。 

 <ネット給付申請 なのに役所に列 密集状態> 

 新型コロナウイルス対策である国民1人当たり10万円の給付金は、カード所持者ならインターネットで申請できる。ところが、カードの暗証番号を忘れた人などが福岡市の区役所に殺到した。暗証番号の再発行までに6時間かかった人もいた。 

 主客転倒。あり得ない話である。当然ながら、全国で同じ混乱が起きている。今後もしばらく続くだろう。 

 そもそもスタート時から総務省の制度設計が悪過ぎた。筆者の最近の体験を書き留めたい。 

 給付金の「き」の字もなかった今年2月半ば-。カードの有効期限(5年)が近いとの通知を受け、更新のため区役所に出向くと、やはり順番待ちで完了までに2時間かかるという。その上、カードに電子登録されているはずの住所や氏名を紙の申請書に書くよう求められた。「は?」 

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR

注目のテーマ