厚労省の指針

 厚生労働省は、新型コロナウイルスなど指定感染症患者の遺体を扱う際の指針を定めている。「遺体全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましい」としており、その上で納体袋の表面を消毒すれば「特別の感染防止策は不要。遺族が遺体を搬送することも可能」。遺体搬送や火葬の従事者には手袋の着用、体液や排せつ物の飛散の恐れがある場合にはマスク、ゴーグルの着用も求めている。

関連記事:「たらい回し」も…最後の別れ阻むコロナ、遺族は二重の苦しみ

PR

PR