「アマビエ焼酎」発売 佐世保市「酒の一斗」、利益は学校図書費に

 長崎県松浦市創業の酒販業「酒の一斗」(本社佐世保市)は、疫病退治伝説の妖怪アマビエをモチーフにした麦焼酎「アマビエCHALLENGE」を発売した。利益の一部を店舗のある5市町の教育委員会に寄付し、小中学校の図書購入費に充ててもらう。

 ラベルにはアマビエのイラストと、佐世保版は九十九島、佐々版はシロウオ漁など各市町を象徴する絵が描かれている。松浦市、平戸市、佐賀県伊万里市版もある。720ミリリットル入り1400円で、1本につき400円を寄付する。売り上げ目標は500本。

 池野晋一社長と池野辰太郎営業係長が14日、松浦市役所を訪ね、友田吉泰市長と今西誠司教育長に趣旨を説明。新型コロナウイルス感染予防のため、自社で製造販売する2リットル入りの次亜塩素酸水「金(きん)とらんば」84パックを寄付した。市内の学校や病院、介護施設で活用される。 (福田章)

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR