滝廉太郎もノリノリ?ディスコ調「荒城の月」 クラブで聴けるかも

西日本新聞 大分・日田玖珠版社会面 稲田 二郎

 大分県竹田市観光ツーリズム協会は、市ゆかりの作曲家滝廉太郎(1879~1903)の代表作「荒城の月」を現代風にアレンジした「荒城の月 REMIX」のレコード販売を始めた。若者に曲と竹田を知ってもらうための試みで、同協会はイベントやショップのBGMなど、若者のライフシーンで活用してもらいたいとしている。

 曲の制作は、国内外でダンスパーティーや音楽フェスに多数出演している福岡市のインディーズバンド「COLTECO(コルテコ)」に依頼。原曲のメロディーにディスコサウンドをミックスしており、リズミカルで神秘的な雰囲気が漂う曲調になっている。

 効果音には、泉水湧水(竹田市)の水が湧き出る音などを使用。昨秋にメンバーが訪れ、岡城跡や久住高原など市内の観光地を巡って録音した音を取り込んだ。コルテコは「曲の底流に“日本的な美しさ”があることに気付き、それを壊すことなく表現することに努力した」としている。B面には「花」のアレンジ曲を収録している。

 レコードを制作したのは、クラブでDJに使用してもらうため。レコードプレーヤーがない人のために、音楽配信サイトでダウンロード販売も行っている(1曲250円)。事業費約100万円は国の地方創生推進交付金を活用した。

 レコードは1650円(税込み)。同市の滝廉太郎記念館などで販売している。問い合わせは同協会=0974(63)0585。 (稲田二郎)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ