久留米市長が夏ボーナス全額カット 副市長や議員も減額へ

 福岡県久留米市の大久保勉市長は15日、新型コロナウイルス対策に取り組む決意を示すとして、夏の期末手当(ボーナス)を全額カットすると発表した。支給予定額は約270万円。

 副市長2人は5割、教育長、企業管理者、常勤監査委員は3割減額する。特別職6人で減額総額は約635万円。大久保市長は「失業した人や減収した事業者などに寄り添って、コロナ対策の財源に充てる」と述べた。

 また、久留米市議会(定数36)も同日、議会運営委員会を開き、期末手当を2割減額し、6月からの半年間は報酬を1割減額する方針を決めた。政務活動費執行停止、議員視察取りやめを含め総額5386万円を削減する。

 21日に開かれる予定の臨時議会に関連条例改正案が提案される。(山口新太郎)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

絨毯 キリム展 

  • 2022年1月13日(木) 〜 2022年1月17日(月)
  • 街角ギャラリーMIMOZA
開催中

現代版画2022

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月17日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR