猛毒のヒョウモンダコ注意 島原市の海岸で発見

 猛毒があるヒョウモンダコが長崎県島原市霊南の島原漁協本所近くの竜宮島で見つかり、市は触ったり食べたりしないよう注意を呼び掛けている。市内での発見は初めてという。

 市農林水産課によると、漁船で竜宮島に渡った漁業者が8日夕、波打ち際の岩場で1匹を発見。捕獲して漁協に届け出た。

 ヒョウモンダコはフグ毒と同じ猛毒のテトロドトキシンを唾液腺に含み、かまれたり食べたりすると呼吸困難などの中毒症状を起こし、死亡することもある。体長約10センチ、茶褐色で、刺激されると青いリング模様が全身に出るのが特徴。

 市内の海岸では磯遊びや潮干狩りでタコが捕れることもあり、市は海岸50カ所に張り紙をして注意喚起している。(真弓一夫)

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR