北九州市営バス、平日1割減便へ 25日からダイヤ改正

西日本新聞 北九州版 米村 勇飛

 北九州市交通局は、経営改善のため市営バスのダイヤを25日から改正し、平日の運行台数を892便から800便へ約10%減便する。

 交通局では元々、今秋にダイヤ改正を予定。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月の路線バス乗車数が半減したことなどから、実施を前倒しした。

 改正後は現在の土曜ダイヤ(723便)に、朝夕の通勤通学時間帯の77便を加えた形で運行する。

 また、17日からJR折尾駅(八幡西区)と響灘緑地グリーンパーク(若松区)を結ぶ路線の運行を再開する。

 改正後のダイヤなどはホームページなどに載せている。 (米村勇飛)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ