久々の買い物「気持ちもゆっくり」筑後地区の街に笑顔

西日本新聞 筑後版 糸山 信

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく福岡県などの緊急事態宣言が解除されて初の週末となった16日、筑後地区のデパートや商店街も久しぶりの買い物を楽しむ市民が訪れ、マスク姿の来店者や従業員らに笑顔が見られた。

 岩田屋久留米店(久留米市天神町)は、食品売り場に限定していた営業をこの日から全館に拡大。開店前には、ウイルス対策で一カ所に限定した入り口に約30人が集まり、午前10時半のオープンとともに、間隔を保ちながら目当ての売り場に足を運んでいった。

 パンや惣菜を買ったほか、再開された婦人服売り場なども回ったという同市内の50代主婦は「解除前は必要な買い物をするだけで、なんだかせかされる感じがしていた。今日は気持ちもゆっくりと楽しめた」と話した。 (糸山信)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ