おうち時間に手作り工芸品 道の駅むなかたがオンライン販売

西日本新聞 ふくおか都市圏版 床波 昌雄

 臨時休校で自宅にいる子どもたちに楽しんでもらおうと、道の駅むなかた(宗像市)は、自宅で遊べる工芸品作り体験キットをオンラインショップなどで販売している。

 開催予定だった体験ワークショップが新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止になったためで、イベント時に使用予定だった工芸品をオンラインショップで販売し、宗像市のふるさと納税の返礼品としても活用する。

 体験キットは、市内の工芸業者が提供。博多織鈴箱(オンライン価格2300円、ふるさと納税寄付額6千円)、宗像きら組子コースター2個入り(同4千円、同1万2千円)、ガラス飾りフォトフレーム(オンラインのみ3千円)などとなっている。

 うち遊びをツイッターなどの会員制交流サイト(SNS)で紹介する「うちで遊ぼうキャンペーン」も実施している。うち遊びを写真や動画に撮り「#うちで遊ぼう」「#道の駅むなかた」のハッシュタグを付けて投稿すると、抽選で「道の駅むなかた詰め合わせセット」が当たる。道の駅むなかた=0940(62)2715。 (床波昌雄)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ