「マスク着用」熱中症の危険あり? 子の運動や高齢者…注意点は

西日本新聞 社会面 井上 真由美

 新型コロナウイルス感染防止のため、今年はマスク着用や外出自粛などを心掛けたまま、暑い夏を迎える。熱中症などの危険はないのだろうか。

 「実験ではマスクを着けているかどうかで体温上昇に大きな差は見られない」。産業医科大の堀江正知教授(産業保健管理学)は、マスク着用による熱中症のリスクは大きくないとする。

 ただし、狭い面積とはいえマスクに覆われた部分の温度が下がらなかったり、マスクを外すのが面倒で水分補給の回数が減ったりするため、暑さを感じやすくなる可能性はある。「意識的に水分を取るよう気を付けて」。湿気がこもらない排気弁付きマスクもお薦めという。

 堀江教授が懸念するのはマスクを着けたままでの運動だ。「季節を問わず、マスクを着けたまま激しい運動をすると、熱中症より酸欠のリスクが高まる」

 マスクの中は吐いた息がこもるため、酸素濃度が低下する。着けたまま体育の授業や部活動、運動などで無理をしてしまうと、酸欠に陥り、心臓や脳の疾患につながる恐れがある。

 激しい運動をする際に必要なら、口や鼻に密着するマスクより、隙間ができるフェースシールドが望ましい。人との距離を取る、換気を徹底する-といった対策の方が良い。

 堀江教授によると、熱中症の危険が高いのは、外出自粛が続いて体が暑さに慣れないまま、急に全力で活動するケースだ。休止していた部活動などは、徐々にペースを上げるといった配慮が必要となる。

 高齢者も要注意だ。水分を多く含む筋肉が運動不足で衰えていると、脱水状態になりやすいとされる。外出自粛や感染防止のために家族らが高齢者世帯を訪れる機会が減ると、エアコンをつけないまま過ごす恐れも高まってしまう。

 堀江教授は「今のうちに、家族らが家に行かなくてもエアコンを外部から遠隔操作できる環境を整えるなど、適切な室温を保つ方法を考えておいた方がいい」と注意を促す。 (井上真由美)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ