「日本の役に立てば」台湾が九大病院にマスク1万枚

西日本新聞 国際面 久永 健志

 台湾の在福岡総領事館に当たる台北駐福岡経済文化弁事処(福岡市)が16日、新型コロナウイルスの感染拡大により不足しているマスクを九州大病院と福岡県医師会に1万枚ずつ贈呈した。同処は台湾外交部(外務省)を通じて計10万枚を調達。近く九州・山口8県にも各1万枚を贈る。

 福岡市東区の九大病院であった贈呈式で、陳忠正処長は「台湾と日本は固い友情で結ばれたパートナー。マスクが日本の役に立てば幸いだ」とあいさつ。赤司浩一病院長は「4月中旬から院内でもマスクなどが不足し始めていた。台湾と日本が助け合い、(コロナ禍を)乗り越えていければ」と謝意を述べた。

 九大病院と福岡県医師会には、九州在住の台湾出身医療関係者らでつくる西日本台湾学友会も医療用ゴーグルなどを贈った。 (久永健志)

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ