「邪馬台国時代のクニ」大ブームに 吉野ケ里、弥生の姿が揺さぶった

西日本新聞 社会面 古賀 英毅

吉野ケ里インパクト ~史跡指定30年(1)

 「邪馬台国時代のクニ」として大ブームを巻き起こした吉野ケ里遺跡(佐賀県神埼市、吉野ケ里町)は19日、1990年に国史跡に指定されてから30年を迎えた。91年には特別史跡に格上げされ、教科書でも紹介される遺跡となった。当初の工業団地造成計画から一転、国営、県立公園として丸ごと残った国内最大級の弥生の環壕(かんごう)集落が、全国に与えたインパクトは想像を超えるものだった。その功績と、積み残された課題を探る。 (古賀英毅が担当します)

 1989年2月下旬。吉野ケ里遺跡の発掘現場は、大報道合戦となっていた。本紙も28日付夕刊1面で「最大級の墳丘墓発見」と特報した。「有柄銅剣」「ガラス製管玉」と出土の度にニュースとなった。

 きっかけは、23日付の朝日新聞朝刊1面。「邪馬台国時代の『クニ』」の見出しが躍った記事にマスコミ各社が反応した。「それまでに邪馬台国の視点はなく、インパクトがあった」。その3カ月前に「弥生最大級の集落」といち早く報じた佐賀総局記者だった下村佳史(57)が振り返る。

 当時、佐賀県文化課参事だった高島忠平(80)も朝日の紙面に驚いた。記者に依頼され、事前に記事をチェック。内容はほとんどが公表したもの。「まさかこんなに大きな扱いとは」

 日々見学者が途切れなくなった吉野ケ里。調査後は遺跡を壊す方針だった高島も確信する。「これは保存に向かう」

    ■    ■

 国と県で騒動が続く中、高島は、知事の香月熊雄(故人)も参加した3月1日の県の会議を鮮明に覚えている。

 開発部局は「これじゃ工業団地ができない」、教育長は「でも重要なんだ」と激論が続いた。その時、副知事だった井本勇(同)が「今となっては仕方ない」と意外な発言で場をなだめた。開発畑を中心に歩んできた井本だが、一連の報道後に最初に現地へ足を運んだ県幹部だった。高島は「先を見通す力があった」と振り返る。調査期限まで1カ月を切っていた同7日、井本に促された香月が保存域拡大を発表。ただ、面積は18ヘクタールにすぎなかった。

 市民の間には全面保存を求める声が盛り上がる。89年11月発足の「吉野ケ里遺跡全面保存会」は2年で20万人の署名を集めた。91年、香月の後を継いで知事となった井本は、邪馬台国ブームの後押しを受け、工業団地白紙撤回を表明した。

    ■    ■

 実は、86年5月に始まった本格的な遺跡調査で高島が指示した異例の手法が、後の「幸運」を引き寄せることになる。

 発掘調査は、区域ごとに調査を完了させるのが主流だが、遺構がある深さまで一気に地表を剥がした。広大な遺跡調査のために取った手法だ。土地開発公社の「調査終了までは造成しない」という決定もあり、弥生の環壕集落は丸ごと、地上に姿を現した。それが研究者を含め多くの評価を生み出すことになった。

 県は、遺跡の保存活用は「国営歴史公園で行う」という方針を決定。「国営は難しい」との見方もあったが、公的公園の整備を課題としていた建設省(当時)が、ブームを横目に話に乗ってきた。歴史公園は国営、県立を合わせ117ヘクタールで、整備費は計約500億円。当初は「天文学的数字」と思われていたが、国費を含めた資金力が全面保存の決め手になった。

 高島は流れを生んだ井本の手腕を評価する。同時に遺跡の命運を決めたのは、全面保存へ運動を推し進めた市民の力と感じた。「地表に現れた弥生の姿が、人々の気持ちを揺さぶった」と。

(敬称略)

【吉野ケ里遺跡】佐賀県神埼市と吉野ケ里町にまたがる旧石器時代から中世にかけての複合遺跡。特に南北約1キロ、東西約600メートルに及ぶ弥生時代の大規模環壕集落が有名。1989年に着工予定だった神埼工業団地(67ヘクタール)造成に伴う事前調査で36ヘクタールに遺跡があることが確認されたが、当初の保存予定は緑地とする6ヘクタールのみだった。

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ