牧場発の「減塩おかず」 福岡・筑前町の乳和食セット

西日本新聞 夕刊

 牛乳を使って調理することで、おいしく減塩できる「乳和食」。学校給食でも親しまれている永利牛乳の直営レストラン「まきばの家」(福岡県筑前町)が、乳和食総菜セットの宅配を始めた。

 普段はその料理法の教室も開くまきばの家。新型コロナウイルスの影響で来店できない客から「おいしくてヘルシーなので家庭で食べたい」と要望を受け、企画した。

 セットは3人分が3100円、4人分は4700円(送料、税込み)。かぼちゃのミルクそぼろ煮、ミルクきんぴら、クレープは共通で、「サバのミルクみそ煮」か「豚のミルク角煮」のいずれかを選ぶ。4人分にのみ、同じ永利牧場内にあるカリーレストラン「春日ロッジ」のビーフカレーも付く。

 注文するとクール便で届いた。真空包装パックを湯煎で解凍し、食卓に並べる。

 「和食に牛乳?」。首をかしげていた夫も一口食べると「牛乳の味はしないのに、コクとうま味がすごい。塩分も、通常の和食の半分以下というけど物足りなさはないね」。サバは骨抜きしてあり、子どももペロリと平らげた。

 「また食べたい」。家族の要望で、同梱(どうこん)のレシピを見ながら自作したら、上手にできたので、ご報告まで。

 (フリー記者・天海なつ)

 ▼乳和食総菜セット 添加物、保存料無使用で賞味期限は冷凍で1カ月。支払いは代引きのみ。セット料金は九州・四国・中国・関西地方。他地域は問い合わせを。まきばの家=092(922)2133、ファクス=092(922)6912。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ