西鉄がLINEで混雑情報 「密の回避」など感染防止に

西日本新聞 布谷 真基

 西日本鉄道は19日、運行する電車(天神大牟田線、貝塚線)と、路線バスの混雑状況をLINE(ライン)の西鉄公式アカウントで情報発信するサービスを21日に始めると発表した。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除となり、乗客の回帰が見込まれるため「密の回避」など感染防止に役立ててもらう狙い。

 西鉄は、電車とバスでそれぞれ公式アカウントを運営する。双方のメニュー画面に「混雑状況」の項目を設け、簡単にアクセス可能にする。電車は、朝のラッシュ時間帯に最も混雑する天神大牟田線平尾-薬院間、貝塚線名島-貝塚間の混雑率を便ごとに表示する。月曜日のデータを集計して毎週木曜日に更新する。

 福岡市中心部を運行する路線バスについては、朝のラッシュ時の混雑率をホームページで公開しており、ラインに加える。新サービスはLINE Fukuoka(福岡市)との連携で実現した。

(布谷真基)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ