平野啓一郎 「本心」 連載第249回 第九章 本心

西日本新聞 文化面

 テーブルで、しばらく黙って、僕の淹(い)れたコーヒーを飲んでいた。

 やがて、つと顔を上げると、

「彩花さんは、朔也(さくや)さんの恋人ではないんですか?」

 と尋ねた。

 それは、彼がこれまで決して、直接、僕に訊(き)かなかったことであり、つまりは、慎重に避けてきた質問だった。イフィーは、思い詰めたように頬を強張(こわば)らせたが、その目は、改めて見蕩(みと)れるほどに澄んでいた。

「違います。」

 と、僕は正直に言った。

「本当に、ただのルームメイトなんですか?」

「ただのルームメイトです。」

 僕の心拍は、彼に聞こえてしまうのではと不安になるほど、大きな音を立てていた。

「すみません、プライヴェートなことを訊いて。でも、僕にとっては、大事なことなんです。朔也さんの気持ちはどうなんですか? 朔也さんは、彩花さんが好きなんですか?」

「……。」

 僕は、どう答えるべきだったのだろうか?――今でも、この時のことを振り返って、よく考える。僕は、嘘(うそ)は言いたくなかった。けれども、僕が本心を語れば、イフィーは三好への思いを断念するかもしれない。いや、僕は自分が、この三人の世界から排除されることを恐れていたのだろうか?

 彼の苦しみが、アバターではなく、その生身の姿の全体から、痛いほどに伝わってきた。

 三好が僕を愛することは恐らくない。僕は、改めてそう心の中で呟(つぶや)いた。そして、イフィーがここで、この僕たち二人の会話によって、ひっそりと彼女への恋情を断ち切ってしまったならば、彼女は自分の全くあずかり知らぬ場所で、その人生が一変することとなる幸福を失ってしまうのだった。

 僕は、三好との共同生活を振り返った。避難所から移り住んできた日のことを思い返した。僕は彼女が好きだった。そして、イフィーの愛を、知らぬ間に手に入れそこなってしまう彼女を想像して、かわいそうだと感じた。

平野氏のメッセージ

私たちの生を、さながら肯定する思想を考え続けています。主人公は、愛する母親を亡くしたあと、仮想現実によって再現された母親と生活することになります。その過程で見えてくる母の本心と、自分の心の変化が主題です。乞うご期待!

平野啓一郎(ひらの・けいいちろう)プロフィール

 1975年、愛知県蒲郡市生まれ、北九州市育ち。東京都在住。京都大在学中の99年、デビュー作「日蝕」で芥川賞。「ある男」(読売文学賞)など。「マチネの終わりに」(渡辺淳一文学賞)は福山雅治さん、石田ゆり子さん共演で映画化された。

マチネの終わりにの公式サイト

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ