コロナの影響でなお外出を控える日々が続き、本のページをめくる時間が増えた…

西日本新聞 社会面 相島 聡司

 コロナの影響でなお外出を控える日々が続き、本のページをめくる時間が増えた。先日は2月に亡くなった野村克也氏の著書「プロ野球怪物伝」を読了。同時代にプレーしたライバルから現在の選手まで幅広く論じた内容で、中でも「王貞治と長嶋茂雄」と題された章が印象に残った。

 日本の高度成長期に、巨人でV9を達成した2人について、野村氏は「人々はONに日々成長していく日本の姿を重ね、期待し、夢を託した。ONもそれに存分に応えた」と記す。ともに成績だけでなく、欠場が極めて少なかったタフさも超人的。全ての面で不世出のヒーローだった。

 今年のプロ野球は開幕延期が続くが、球音が戻る日は必ずくるはずだ。昭和のONのように、令和のヒーローたちにも現在の日本の姿が投影されることだろう。ファンが待ち望んでいる彼らの一投一打が、「コロナ後」の歩みを明るく照らしてくれることを期待したい。 (相島聡司)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ