失業や休業した人たちに食料を 唐津市社協、企業や個人に寄付募る

西日本新聞 佐賀版 野村 創

 新型コロナウイルスの感染拡大で失業や休業を余儀なくされ、生活が苦しい人たちに、佐賀県唐津市社会福祉協議会が食料品を贈る取り組みを続けている。企業や個人から缶詰やレトルト食品などの寄付を募って生活困窮者らに配る「フードエイドからつ」の一環。コロナの影響で相談者は急増しており、社協は配布する食料品が枯渇する恐れもあるとして企業や個人に寄付を呼び掛けている。

 フードエイドは生活が苦しく食べ物に困っている人を支えようと、社協が昨年7月に始めた独自事業。低所得世帯向けの「生活福祉資金貸付制度」の相談者や生活困窮者を対象に、最大7日分の食料品を配っている。3月末までに企業や団体から40件の寄付があり、82人を支援した。

 新型コロナの感染拡大を受けて3月25日に貸付制度の対象を失業者、休業者にも広げたところ、月に数件だった相談者が急増。5月中旬までの2カ月弱で400件を超えた。

 飲食店を休業した自営業者や従業員など生活に困っている人が多く、5月上旬から特例として相談者全員に1日分の食料品、特に困っている人に最大7日分の食料品を贈る仕組みにした。5月には食品会社から400食以上のレトルトカレーの寄付もあり、今のところ食料品は足りているが、相談者の増加が続けば不足する可能性もあるという。

 同社協地域福祉課の片渕啓太主事は「フードロスを削減するためにも、買いすぎたり、食べきれなかったりする食料品があれば寄付してほしい」と話す。寄付を募っているのは、乾麺や缶詰など日持ちがして、賞味期限が3カ月以上残り、常温保存が可能な食品。同課=0955(70)2334。

(野村創)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ