ES細胞

西日本新聞

 ほぼ無限に増えて多様な細胞に成長する「万能細胞」の一つ。胚性幹細胞とも呼ぶ。受精卵から一部の細胞を取り出して培養する方法で、最初の人のES細胞は米国で1998年に作られた。受精卵の扱いには特に倫理的な配慮が必要で、不妊治療のために作ったが使われなくなったものを利用するなど、国の指針が作製や使用の手続きを定めている。

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ