長崎大が新設学部移転を計画 新幹線新大村駅に隣接、市と協議へ

西日本新聞 長崎・佐世保版 山本 敦文 華山 哲幸

 長崎大が今年4月に新設した情報データ科学部を、現在の文教キャンパス(長崎市文教町)から長崎県大村市植松3丁目にできる九州新幹線西九州ルート新大村駅(仮称)東側への移転を計画していることが関係者への取材で分かった。新幹線開業後の2025年ごろをめどとしており、駅東側の開発を進める大村市と協議に入る調整をしている。

 大学進学する18歳人口の減少で経営状況が厳しいのは地方国立大も例外ではなく、新幹線駅に隣接する立地の良さをアピールするとともに「学生に最先端の教育環境を提供する」(大学関係者)狙いがある。市も実現すれば高校卒業生の流出抑止や企業誘致につながると期待する。

 関係者によると、今回の移転構想は大学側が学部新設前から市側に打診。園田裕史市長は昨年10月の市長選で「大学誘致」を公約に掲げていた。

 駅東側の県立ろう学校跡地では、市が公園や民間事業者公募用地として土地区画整理事業を進めている。大学側は市が用地や校舎を整備して無償で貸与するよう求めており、調整が整えば市と「覚書」を締結して正式な協議に入る見通し。大学が市内に建設予定の学生寄宿舎の用地も求めている。

 大学のホームページなどによると、情報データ科学部の定員は1学年110人。人工知能(AI)やビッグデータ解析などIT分野の人材育成と研究を目的としている。研究室は現在、文教キャンパスの総合教育研究棟と工学部棟に分散している。 (山本敦文、華山哲幸)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ