受診控えに強い危機感 福岡県医師会 コロナ影響で予防接種も減少

西日本新聞 ふくおか版 斉藤 幸奈

 福岡県医師会は21日、福岡市で会見を開き、新型コロナウイルスの影響で子どもの予防接種や高血圧などの慢性疾患の受診控えが広がっている現状について「このままでは新型コロナ以上に健康に大きな影響を与えるかもしれない」と強い危機感を示した。

 福岡市医師会は同市内の子どもの予防接種件数(1~3月)を2018、19年の平均とそれぞれ比較。3月のはしかと風疹の混合(MR)第1期は18%減少し、水痘(水ぼうそう)も14%ほど減っているという。稲光毅理事は「予防接種専用の時間帯を設けているところもある。適切に受けてほしい」と呼び掛けた。

 院内感染を恐れたり、病院に負担をかけないように遠慮したりして受診を控える動きは、全国的に医療機関の経営を悪化させている。県内でも小児科や耳鼻科などが特に大きな影響を受けているという。瀬戸裕司専務理事は「地域医療が崩壊しないように国に対策を求めていく」とした。 (斉藤幸奈)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ