前衛美術家の菊畑茂久馬さん死去 「九州派」作兵衛作品評価に尽力

 前衛美術家として活躍し、後年は大作の油彩画を描いた画家の菊畑茂久馬(きくはた・もくま)氏が21日午後2時、肺炎のため福岡市内の病院で死去した。85歳。長崎市生まれ。葬儀・告別式は未定で、お別れの会を開く予定。

 3歳で父親を亡くし、福岡市の警固中学校に通っていた15歳のときに母を亡くした。楽焼の絵付けの仕事をしながら我流で絵を描き始め、1957年に前衛美術集団「九州派」の旗揚げに参加。アカデミズムに対抗した読売アンデパンダン展などで、アスファルトを塗りつけた絵画や、丸太と大量の5円玉を使って性器に見立てた立体作品を発表し、注目を集めた。63年の「ルーレット」シリーズでは木の板に鮮やかなルーレットを描き、その上に廃材やオブジェを張り付けて「日本のポップアートの先駆け」と米国で評価された。

 83年を皮切りに「天動説」と名づけた大作油彩画のシリーズを発表。絵の具を塗りつけ、盛り上げ、垂らすなど濃密に作り込んだ絵肌を特徴とし、大画面を中心に精力的に制作した。

 64年にルポルタージュ作家の上野英信を介して知り合った、筑豊の炭鉱を描いていた山本作兵衛の作品を「絵画」として評価し、紹介することにも尽くした。

 戦争画や美術に関する著作も多く「フジタよ眠れ 絵描きと戦争」「天皇の美術-近代思想と戦争画」などを刊行。本紙には「絶筆-いのちの炎」「続絶筆-いのちの炎」を連載した。97年、西日本文化賞。2011年には、福岡市美術館と長崎県美術館が大回顧展を開いた。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR