福岡市が申請順次受け付け 賃料補助や事業者支援金

西日本新聞 ふくおか都市圏版 黒石 規之

 福岡市は、新型コロナウイルスの影響を受けた中小事業者などへの追加支援策のうち、店舗賃料補助や休業要請対象外となった事業者への支援金などの申請受付を順次始める。市ホームページ(HP)に各支援策の募集要項を掲載している。

【賃料の8割補助】

 福岡県の休業要請を受けた中小事業者への賃料補助は、27日午前10時から申請を受け付ける。締め切りは7月31日。

 対象は、休業の協力要請を受けた業種や営業時間を短縮した飲食店。補助の対象期間は今月7~31日の25日分で、支給額は賃料の8割(上限30万円)。既に募集している緊急事態宣言延長前の賃料補助についても合わせて受け付ける。

 原則、市HPからアクセスできる専用サイトから申請する。専用電話=092(739)8175。

【休業対象外に支援金】

 休業要請対象外となり市民生活に必要な事業を続けた中小のサービス・小売事業者への支援金は、25日午前9時から受け付ける。締め切りは7月31日。

 売上高が前年より30%以上減少したことなどが条件で、法人15万円、個人事業主10万円を支給する。原則、市HPから申請する。25日午前9時に専用電話=092(288)2255=を開設する。

【文化・エンタメ支援】

 福岡市を拠点に活動するプロのアーティストとイベント関連事業者には、共同制作するウェブ配信動画に1作品最大50万円を支給。

 対象は音楽やダンス、演劇、伝統芸能、書道、大道芸など。公演や展示会を有料で開催した実績があることなどが条件。公募で計100作品を支援する。

 募集期間は6月1~30日で電子メールや郵送で受け付ける。申請書類は市HPからダウンロードできる。問い合わせは専用電話(平日のみ)=080(6449)6443、6444。6月1日からは別の専用電話を開設予定。 (黒石規之)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ