【動画あり】干潟の生態、動画で配信 荒尾の湿地センター

西日本新聞 熊本版 宮上 良二

 荒尾干潟水鳥・湿地センター(熊本県荒尾市)は、動画投稿サイトユーチューブ」に今月から公式チャンネルを開設し、干潟の魅力を発信している。渡り鳥が飛来する季節が、新型コロナウイルスによる外出自粛の時期と重なり「今年もたくさんの鳥が渡ってきたよ、と知らせたい」と中村安弘センター長(41)が始めた。

 第1弾の映像は、繁殖地のロシアやアラスカに渡る途中、中継地の干潟を訪れたシギ・チドリ類を中村さんが1週間がかりで撮影・編集。長いくちばしで巧みにカニを捕らえるチュウシャクシギ、慌ただしく餌を探すミユビシギやトウネン、市の鳥のシロチドリなど、11種類を収めた。

 第2弾は地元で「足長ダコ漁」と呼ばれるテナガダコの漁の様子を撮影。砂泥のくぼみから気泡が出ている場所に狙いを定め、巣穴に海水が入らないよう周りを土手で囲い、手で砂泥の中を探ってタコを捕まえる名人技を紹介している。

 新型コロナの影響で長期休館したセンターは16日、タッチパネルの使用禁止などの感染防止策を講じて再開した。中村さんは「子どもたちが家でも楽しめるよう、展示やボランティア団体の工作教室なども動画で紹介したい」と話した。(宮上良二)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ