四半世紀前の1995年5月に発表されて以来、ロングヒットが続く…

西日本新聞 オピニオン面

 四半世紀前の1995年5月に発表されて以来、ロングヒットが続く。歌は人の心を動かし、困難から立ち上がる勇気も呼び覚ましてくれる。この曲にもそんな力があるからだろう

▼涙の数だけ強くなれるよ/アスファルトに咲く花のように…と続く「TOMORROW」。シンガー・ソングライター岡本真夜さんのデビュー曲。阪神大震災や東日本大震災の被災者らを励ます曲としても歌い継がれてきた

緊急事態宣言がひとまず全面解除された。肉親との死別、倒産、解雇…。苦境に置かれた人々を思うと手放しでは喜べない。闘いはまだ続く。けれども、うつむいてばかりもいられない

▼インターネットの動画サイトでTOMORROWの再生回数が増え続けている。そして、あの大ヒット曲を歌おうという呼び掛けも。そう、坂本九さんの「上を向いて歩こう」。こちらは半世紀以上前の61年に発表され、世界中で親しまれてきた

▼坂本さんが日航機墜落事故で亡くなり今夏で35年。未知のウイルスは手ごわいが、時代を超えて生き続ける人生の応援歌も決して非力ではなかろう

▼東京で今月予定されていた岡本さんのデビュー25周年ライブは中止になった。緊急事態宣言は解除されても、音楽イベントの本格再開はウイルス封じ込めへのハードルをさらに一つ一つ越えてから。待ち遠しいが、列島に大きな歌声が広がる明日はきっと来る。そう信じよう。

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR

注目のテーマ