子が“飛び級”?勉強詰め込み?9月入学議論、当事者抱える不安

西日本新聞 一面 金沢 皓介 本田 彩子

 新型コロナウイルスの感染拡大で学校が長期休校したことを踏まえ、急浮上した「9月入学制」。文部科学省が導入に向けた複数案を示して議論が進む一方、社会全体に及ぼす影響は大きく、各地で学校再開の動きが出てきたことから、ここに来て慎重論も目立つ。当事者である子どもや保護者らは、議論の行方に気をもんでいる。

 無料通信アプリLINE(ライン)で特命取材班にメッセージを寄せた福岡市の高校3年の女子生徒3人組は、インターネットで署名活動を始めた。今の学年を来年8月まで5カ月間延長することで事実上、9月入学制を実現することを目指す内容だ。

 女子生徒(18)は「休校が長引き、不安がどんどん募った。自分たちの意見を聞いてもらうには、声を上げるしかないと思った」。

 3人は吹奏楽部。部活動ができない間、河川敷などで自主練習を重ねてきたが、定期演奏会は延期、集大成の場となるはずのコンクールも中止になった。「1日の授業時間数が増え、土曜も授業。学校行事や部活の時間が削られ、ぎゅっと勉強だけ詰め込まれて、受験はこれまで通りなのは納得できないんです」

 仮に9月入学制が実現しても、文科省は来秋導入を想定しており、今の高校3年の扱いは不透明。それでも、諦めきれないという。「普通の高校3年生として暮らしたいだけ。この学年は運が悪かったと終わらせてほしくない」

 「制度を変えるのは簡単ではないと思う」。福岡県志免町の3年男子生徒(17)は9月入学制に慎重な立場だが、気になるのは受験という。「受験勉強が間に合うか分からない。来春の大学入試は時期を少しでも延ばせないでしょうか」

      ■

 文科省は2021年9月に導入する場合、一斉実施案と段階的実施案の2案を示す。前者の場合、21年度の小学1年生は前後年の1・4倍に当たる約140万人となり、入試や就職などへの影響が懸念される。

 幼稚園の年中の長女がいる福岡市南区の自営業女性(41)は気が気でない。長女は15年8月31日生まれ。もし来年9月に一斉実施案が導入されれば、年長を経ずに、いきなり小学生となる。「突然一部の子どもが“飛び級”するような形になるのはどうなのか」

 年長は園の最上級学年、下の子の面倒を見ることなどから自尊心も育まれる。「年長だからこそできる経験もあり、『その時代に生まれたから仕方ない』と言って片付けないでほしい」

 長女と一番仲の良い園の友達は15年4月生まれ。段階的実施案となれば、別の学年になることも気になる。

 心配は尽きないが、同世代の子どもがいるママ友の中には、「1年分保育料を払わないでよくなる。早く小学生になってもいいかも」といった意見もある。保護者の考え方もさまざまだ。

 9月入学を巡る議論は休校が長引く中で広がり、政治も動いたものの、学校再開に道筋が見えると急速にしぼみつつある。女性は「コロナで混乱した状況の中、拙速に進めるべきではない。『学びの保障』のための議論なら現状の対策に力を注ぐべきでは」と話した。 (金沢皓介、本田彩子)

   ×    ×

 【9月入学制】 2021年9月の導入を念頭に文部科学省が示したのは主に(1)一斉実施案(2)段階的実施案の2案。(1)は21年9月に、14年4月2日~15年9月1日の17カ月間に生まれた子どもを新小学1年生とする。(2)は21年9月入学の小1を14年4月2日~15年5月1日生まれの13カ月間とし、25年度まで5年間をかけて移行する。政府は6月上旬にも方向性を示すとしている。

 学校休校に伴う学習の遅れに対応し、欧米諸国などの秋入学に足並みをそろえることで海外留学の広がりが期待される一方、待機児童の発生や教員、教室の不足といった課題もあり、国や家庭の負担総額は6兆9000億円超に上るという日本教育学会の試算もある。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ