福岡市、6月8日から部活容認 小学校プールは夏の開放中止

西日本新聞 ふくおか都市圏版 泉 修平

 福岡市教育委員会は28日、臨時休校に伴い休止している市立中学、高校の部活動について、6月8日から再開を認めることを明らかにした。1週目は活動を平日の放課後1時間程度とし、個別練習のみに制限。その後、段階的に拡大していき、3週目から全体練習も可能とする。

 市教委によると、再開2週目となる15日からは活動時間を2時間まで延ばすが、朝練や休日の活動は禁止する。22日以降は対外試合など他校との交流を容認するものの、部活動ごとに3密(密集、密閉、密接)を避けるなど感染防止策を徹底することが条件となる。

 市立中学、高校は今月21日に分散登校で再開。6月1日から全校生徒が一斉に登校する全校登校に移行する予定となっている。

 また市は28日、例年夏休みに実施していた小学校のプール開放事業を今年は中止すると発表した。夏休みの短縮と熱中症防止の観点から、実施可能な日数が極端に少なくなることが予想されるためという。 (泉修平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ