もつ鍋で医療従事者に感謝 福岡の専門店、飲食代全額「おごります」

西日本新聞 ふくおか都市圏版 木村 貴之

 感謝の印に自慢のもつ鍋料理をごちそうします-。もつ鍋専門店「楽天地」(福岡市)は6月、新型コロナウイルス対策の最前線で働く医療従事者らに、もつ鍋などの飲食代を全額無料にする太っ腹なサービスを市内各店で行う。期間は1~30日まで1カ月間。大盤振る舞いにはいろいろ事情がある。

 福岡県内では、県が呼び掛ける応援金や、福岡市職員らが毎週金曜に感謝の拍手を送る「フライデー・オベーション」など、医療従事者らをねぎらう動きがじわりと拡大。これを受け、店主の水谷崇さん(49)が「うちらしく“もつ鍋オベーション(喝采)”で感謝を伝えよう」と県の休業要請緩和に合わせて企画した。

 特別な事情もある。水谷さんの父で創業者の寿(ひさし)さん(76)が3月、体調を崩して市内の病院に入院した。持病も悪化して一時は重篤になったが、医師らの手厚いケアで快方に向かい、今月中旬に退院。「大変な時期に先代の命を救ってくれた医療界。赤字覚悟で恩返しを」と誓ったという。

 市内の医療機関で働く医師や看護師、事務職員のほか、介護施設関係者ら(いずれも本人)も対象にしている。精算時に従業員証などを提示すれば、店員が静かに一礼し、全額を店が“おごる”形で会計処理する。天神本店や天神大名店、博多駅前店など市内8店舗で実施。「三密」を避けるため電話予約を呼び掛け、団体での来店は5人までとする。

 水谷さんは「コロナとの闘いは長引きそうだが、栄養満点のもつ鍋で英気を養ってほしい」。予約や問い合わせは専用フリーダイヤル=(0120)869107=へ。(木村貴之)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ