【やさしい日本語】九州(きゅうしゅう)で いちばん 大(おお)きい 本屋(ほんや)が 6月(がつ)の 終(お)わり から 休(やす)む

西日本新聞

福岡ふくおかの  天神てんじんに「ジュンクどう書店しょてん  福岡ふくおかてん」という  本屋ほんやが  あります。

九州きゅうしゅうで  いちばん  おおきくて、140まんさつぐらいの  ほんが  あります。

1年間ねんかんに、おきゃくさんが  250万人まんにんも  るそうです。

ジュンクどうは、2001ねんに  ビルのなかに  できました。

いま天神てんじんでは、まちを  あたらしくする  計画けいかくが  すすんで  います。

ジュンクどうが  はいって  いる  ビルも  なくなって、あたらしく  なります。

ジュンクどうは、ビルが  なくなったあとほかの  場所ばしょで  みせを  つづけるつもりでした。

でも、いい  場所ばしょが  つかりませんでした。

ですから、6月がつわりに  みせを  めることを  めました。

ジュンクどうは、あたらしい  ビルに  みせを  す  予定よていです。

でも、あたらしい  ビルが  できるのは2024ねんですから、4年間ねんかんも  やすむこと  になります。

天神てんじんで  ほんを  つくって  る  仕事しごとをして  いるひとは、「ジュンクどうが  ないと、ほんを  う  ひとが  って  しまいます。ほんを  つくって  る  会社かいしゃも  大変たいへんです」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ