政府「第2波来ていない」 北九州の感染者急増、地元と認識にずれ

西日本新聞 総合面 前田 絵 河合 仁志

 新型コロナウイルスの感染者が急増している北九州市について、菅義偉官房長官は29日の記者会見で「第2波が来たとは考えていない」との認識を示した。「直ちに再び緊急事態宣言を発する状況に該当するものとは考えられない」とも述べた。

 同市の北橋健治市長は同日の記者会見で「第2波の真っただ中にある」と述べたが、会見で菅氏は「個別の自治体首長の発言にコメントすることは差し控える」と言及を避けた。地元自治体との認識の違いが浮き彫りになった形で、「せっかく経済活動が再開したのに再指定すれば水を差す」(首相官邸幹部)と第2波「認定」に慎重な政府の立場をにじませた。

 西村康稔経済再生担当相も29日、同市の状況について、同日の政府専門家会議での議論を踏まえ「今のところそれほど心配していない。小さな流行で封じ込めていくことに全力を挙げたい」とし、地元と連携して感染拡大防止に取り組む考えを強調した。政府高官は第2波について「心配なのは北九州と北海道」とみており、安倍晋三首相も感染動向を注視しているという。 (前田絵、河合仁志)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ