「みんなでフライパンを持って市役所でデモしようと思った」…

西日本新聞 社会面 吉川 文敬

 「みんなでフライパンを持って市役所でデモしようと思った」。コロナ禍で売り上げが激減した大分県内の飲食店関係者は怒りが収まらない。周辺自治体では、減収になれば一律10万円助成やプレミアム付き商品券1億円発行など中小企業支援策を独自に打ち出す動きがあったからだ。

 「熱心なのは選挙があるから」とある県議。選挙が近い首長には「独自施策は自分の手腕を有権者に示せる機会」と映るようだ。一方、選挙が数年先の首長は財政規律を損ねるリスクは避ける傾向にあるとか。ただ、一部では住民の要望を受け大規模な経済対策にかじを切る例もあった。施策を練る時間がなかったのか、他自治体の焼き直しの観が強かったが…。別の関係者は「首長批判に抗しきれなかっただけ」と手厳しい。

 コロナ危機の中、全国的に注目を集める知事もいる。大分県の市町村レベルでも、水面下では首長の値踏みが始まっている。 (吉川文敬)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ