制服ってなぜ着るの? 四宮淳平

西日本新聞 オピニオン面 四宮 淳平

 3月から臨時休校が続いていた学校が再開し始めた。子どもたちが自宅外で学びの機会を再び得られることに胸をなで下ろす一方、登校によって苦痛を強いられる生徒の存在が脳裏に浮かぶ。

 福岡県の公立中1年のA君は「制服を着たくない」と悩み続けている。

 なぜ着たくないのか。A君は全員が同じ服を着用することで個性が軽視され、大人たちが納得する「中学生らしさ」が押しつけられているように感じるという。中学の入学説明会では、制服姿の在校生の言動がまるで何かの「台本」通りのように感じられた。

 A君は小学校の慣習にも疑問を抱いてきた。学級全員が給食を食べ終わるまで待たないと昼休みに入れない。卒業式の練習が寒い体育館であってもコートの着用は認められない。いずれも、保護者を通じて学校に不満を伝え、改善されたという。

 制服(標準服)は、多くの公立中で着用が求められている。最近、LGBTQなど性的少数者に配慮し、複数のデザインから選べるようにした自治体もある。

 そもそも、なぜ制服が必要なのか。A君の通う中学と管轄する教育委員会に聞いた。私服での登校を禁じるほどの効力は校則にないとの解釈だが、校長は「良さが認められているから普及している」と説明する。

 では世の中の認識はどうか。着る服に悩まなくてよい、公私のけじめがつくといった点に加え「私服よりも経済的で、服装による格差を生まない」という主張が目立った。

 文部科学省の子どもの学習費調査(2018年度)によると、公立中の1年生は制服の購入費が平均約4万8千円だった。その後の買い替え分も含め、中学3年間の総額は1年当たり平均約1万9千円という。一概に安いとも高いとも言いづらい。

 制服は帰属意識を強くし、規律を守る意識が働くという考え方もあった。校則を緩めると学校が荒れ、学習どころではないという教師の懸念もあるだろうが、A君は、そんな考え方に疑問や「息苦しさ」を感じる。制服姿が苦痛という子どもがいる以上、学校は解決の手だてを講じるべきだ。

 全国には、本当に必要かどうかを検討した結果、服装を自由にした公立中もある。制服を着るのが当然という見方は根強いが、そうした学校の在り方を見直そうとする議論は目立ってきた。A君の思いは単なる異論ではない。なぜ中学生が制服を着るのか。「当然」を問い直す機会と考えたい。 (社会部)

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR

注目のテーマ