もうだめだと思ったことが8回くらいあった 言葉を刻む(1)

西日本新聞 社会面

向こうから弾(たま)さよけていく。1回だけじゃない。もうだめだと思ったことが8回くらいあった

 (福岡県筑後市、土田喜代一さん)

 太平洋戦争の激戦地、パラオのペリリュー島から生還した34人のうちの一人。1万人を超す日本兵が戦死し「99・999パーセント」の死を覚悟した。生死を分けたものは何だったのか。「運ですよ。弾がよけていくから全然無傷だった」。慰霊のためにペリリュー島を14回訪問。戦友たちの遺族や後世に凄惨(せいさん)な戦場を伝えるために、生き延びさせられたと考えることもあるという。2017年、97歳のとき、本紙の取材に語った。

戦争体験者の声を「言葉」で伝えます

 戦後75年企画として、記者がこれまでに取材してきた戦争体験者たちの声を紹介する「言葉を刻む」を始めます。生々しい経験談を聞く機会が絶えつつある今、過去の紙面や取材ノートに埋もれている言葉に改めて光を当て、あの時代を見つめ直すのが狙いです。全国の地方紙とも連携します。(随時掲載)

   ◇   ◇ 

 西日本新聞は戦後75年の節目を多角的に伝えていきます。戦争世代にしか語れない証言、後世に残したい手記、保管している資料などの情報を以下の要領でお寄せください。内容に応じて、記者が問い合わせや取材を行います。

 住所、氏名、年齢、連絡先を明記し、手紙かファクス=092(711)5110、無料通信アプリLINE(ライン)で「あなたの特命取材班」へ。

 【宛先】〒810-8721(住所不要)西日本新聞 あなたの特命取材班

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ