桃太郎が巨大マスクで「コロナ退治」 「第2波に警戒を」大分の道の駅

 大分県玖珠町の道の駅「童話の里くす」にある桃太郎と犬、サル、キジの像にマスクが着けられ、訪れた人に着用を呼び掛けている。

 県内では新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、道の駅の来訪者にもマスクをしていない人が増えてきたことから、職員が「第2波があるかもしれない。警戒を緩めないでほしい」と企画。布団カバーを使ってミシンで手作りした。

 特に桃太郎用は縦60センチ、横90センチの巨大マスクで、高さ6・3メートルの桃太郎の口をしっかり覆っている。「桃太郎さんには、鬼だけでなくぜひウイルス退治もお願いしたい」と担当者。

関連記事

大分県の天気予報

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR