元タカ選手が牛タン店開業 コロナ禍の逆風「いい経験」

西日本新聞 ふくおか都市圏版 小畑 大悟

移籍先の楽天が縁、博多に専門店

 プロ野球の福岡ソフトバンクなどで活躍した小斉(こさい)祐輔さん(37)が18日、福岡市博多区上川端町に牛タン店「博多 牛や たん平」を開業した。新型コロナウイルスの影響で納品や融資に遅延が生じ、約1カ月遅れで開店。かつてない逆風の中での船出だ。「この先、生きていく中でもこんなことはない。いい準備期間にもなった。全てはいい経験と思って頑張ります」と前向きに語った。

 小斉さんは野球人生でも困難に立ち向かってきた。2006年、1軍出場資格のない育成選手としてソフトバンクに入団。現在では育成出身の千賀投手、甲斐捕手らが日本代表にまで上り詰めたが、育成選手制度が誕生した初年度で前例ない道のりだった。当時監督の王会長に見いだされ、1軍の試合に出られる支配下選手登録を勝ち取り、育成ドラフト出身選手の初安打や初本塁打も記録。「プロは『結果を出せば』というところ。支配下の選手には負けていないという気持ちだった」と振り返った。

 仙台市に本拠地を置く楽天に移籍し、15年に引退した。「何かの縁で仙台に行った。(名物の)牛タンの勉強をしたい」。知人を通して同市内の牛タン店に見習社員として入った。雪かきから始まり、しばらくは店舗の掃除や野菜の下ごしらえを担当。「プロ野球選手というプライドもリセットできた」と、新たな挑戦に汗を流した。

 米・ロサンゼルスの店舗にも3カ月ほど出向き、牛タンの皮むきなどを行った。17年からは神戸市内の名店「牛や たん平」で修業。約3年間の修業を経て、のれん分けを認められた。「牛タン店は福岡にあまりない。持ってきたら面白いと思っていた」

 当面は従業員を雇わず、1人で切り盛りしていく。「店を持つことに満足というより、これで生きていかないといけないという気持ち。野球と同じでこれからは結果を出さないといけない。昔のファンの人たちにも来てもらえたら、うれしいです」と笑みを浮かべた。電話=092(688)7586。

(小畑大悟)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ