こんな物で戦えるか 言葉を刻む(2)

西日本新聞 社会面

こんな物で戦えるか

 (長崎県西海市、西村金造さん)

 爆薬を積んだベニヤ板製ボートで敵艦に体当たりする特攻艇「震洋」。その姿を初めて見たとき、怒りを覚えたという。教官として、長崎県川棚町にあった訓練所で約50人の指導に当たった。「命を捨てるのは残された日本人が辱めを受けないためだ」「僕たちもすぐに行く」と教え子を送り出したが、自身は出撃待機中に終戦を迎えた。戦後、実家のあった横浜から長崎県に移住。「特攻殉国の碑」建立に関わり慰霊に努めた。搭乗員や整備員ら震洋に関連して亡くなった戦死者は2500人を超える。2011年、89歳の時に本紙の取材に語った。

   ◇   ◇

 西日本新聞は戦後75年の節目を多角的に伝えていきます。戦争世代にしか語れない証言、後世に残したい手記、保管している資料などの情報を以下の要領でお寄せください。内容に応じて、記者が問い合わせや取材を行います。

 住所、氏名、年齢、連絡先を明記し、手紙かファクス=092(711)5110、無料通信アプリLINE(ライン)で「あなたの特命取材班」へ。

 【宛先】〒810-8721(住所不要)西日本新聞 あなたの特命取材班

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ