僕の夢 私の夢 新1年が描くカラフル未来図 

西日本新聞 こども面

 西日本新聞社は小中学校・高校の新1年生を対象に「僕の夢 私の夢」をテーマに作文、絵を募集しました。福岡県内を中心に山形、神奈川県なども含(ふく)めて190点が集まりました。

 みなさんの夢が詰まった応募作品の一部を掲載します。また特設ページでは応募いただいた方々のお名前を紹介します。

【紙面】新1年カラフル未来図

●僕の夢はお笑い芸人 丸山壱心=12

 僕の夢はお笑い芸人です。お笑い芸人は、人を笑顔にする素晴らしい職業だと思います。

 きっかけは、4年生の時にお笑い係に入り、クラスでお笑いをして、みんなの楽しそうな笑顔を見るのが好きになりました。5、6年生でもお笑い係に入り、みんなでするお笑いは一人でするより十倍楽しいと感じたからです。

 僕は将来、新喜劇のような本当に起こりそうな事でお笑いをしたいです。そして、一日でも早く中学校に行きたいです。そして、たくさんの友達と出会い、夢の話をしたいです。(北九州市八幡西区・中学生)

●私もいつかきっと 田中美尋=12

 「一年目には種をまき、二年目には水をやり、三年目には花を咲かせましょう」

 これは、今年亡くなった野村克也さんの言葉です。私は、この言葉をきっかけに薬剤師になる決意を固めることができました。私は失敗するかもしれないと最初は薬剤師になることを恐れていました。しかし野村克也さんの言葉に出あったおかげで、だれでも最初は失敗する。たくさん失敗すればするほど、どんどん上達していく、ということが分かりました。今、日本だけでなく世界で新型コロナウイルスに感染していき、たくさんの人の命が奪われています。少しでも役に立てるように、中学、高校、大学で薬や病気について学び、だれにでも優しく接し、みんなに頼りにされる薬剤師になりたいです。そしてなにより、野村克也さんの言葉を頭にいれ、毎日毎日をあきらめず、大切に生きたいです。
  (福岡県筑後市・中学生)

●調理師になって食の大切さや喜びを 前原加奈=15

 私の将来の夢は、調理師になって自分でしか作れない料理でたくさんの人に食の大切さや喜びを与えることです。

 私は小さい頃からおにぎりを作っていました。私が作ったおにぎりをおいしそうに食べてくれる家族を見て、すごくうれしく思いました。そこから、周りの人達を笑顔にさせたいと思うようになりました。だから、ずっと憧れている専門学校に入り、知識や能力を極めたいと思っています。そのためには、高校を卒業し、自分の好きな職業に就くことが自分の考えであり、目標でもあります。

 学校でやりたいことは、いろんな料理について詳しく知ること、または料理を作って失敗しないように、日々の努力を積み重ねていくことが必要だと思いました。入学してからの思いや決意は、自分の未来に突き進めるよう人の力を借りつつ、自分の努力を無駄にしないように自分らしさを忘れず新しい高校生活を笑顔で楽しみたいです。
  (福岡県春日市・高校生)

●大人になったら 荻野奈々=12

 私の将来の夢は出版社で働くことです。そう思ったきっかけは二つあります。

 一つ目は本が大好きだからです。家には小さな頃に読んだ絵本から、何百ページをこえる本までさまざまな本があります。本を読むことでいろいろな知識と創造力が得られます。

 二つ目は作家さんに会ったり、本に囲まれたりした仕事をしてみたいと思っているからです。いろいろな作家さんと打ち合わせをしたり、自分のお気に入りの本を作ったりして、本屋さんに並ぶまでの過程に携わりたいと思ったからです。

 この夢をかなえるために私はもっと本や新聞を読んで、考える力や書かれていること以上の想像力を身に付けたいと思います。また、作文などの文章を上手に書くことも頑張りたいです。

 私はみんなが本を読んで幸せな気持ちにすることができる出版社の人になりたいです。
  (福岡市博多区・中学生)

女子プロ野球選手になる 鯉川歩花=12

 私の将来の夢は、女子プロ野球選手になる事です。小学校1年生から野球を始めて野球が大好きになったからです。私が野球を始めた頃はチームに女子は私だけで心配でしたが、みんなが優しくて、楽しく野球ができました。練習がきつい時もあったけど陸上をやめて、野球に入った以上、一生懸命試合に出られるようにあきらめずがんばりました。ベンチの中の仕事もわかるようになり自分で動く事もできるようになりました。すると試合に出る事ができました。一生懸命何事もやればいい事があると知りました。学年が一つ上がると後輩ができて、今度は私が優しく教えてあげました。6年生になってチームのキャプテンになりました。自分の事だけでなく、チームの事も考えてやっていきました。それと野球以外でもあいさつ、礼儀、感謝の気持ちを忘れずに行動をしました。野球を通じていろいろな事を学びました。そんな野球が大好きなので、必ず女子プロ野球選手になります。
  (福岡県小郡市・中学生)

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ