北九州市の小学校でクラスター 同じクラス計5人感染

 北九州市は31日、新たに12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。児童1人の感染が確認されていた守恒小(小倉南区)でクラスメート4人の感染が新たに判明し、市はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。市では5月25日に市立小中学校を再開したばかりだった。小学校でのクラスター発生は珍しいという。他に中学生2人の感染も判明した。感染経路不明は2人。同市の感染確認は9日連続で、同期間の感染者は計97人となった。

 市によると、守恒小の4人は28日に感染が確認された女子児童と同じクラス。いずれも10代で女子3人、男子1人。全員が無症状という。守恒小は29日から休校中で、市は感染経路などを重点的に調べる。

 在校生が感染していた企救(きく)中(同)と思永中(小倉北区)でも濃厚接触者の男子生徒1人ずつの感染が確認された。

 市教育委員会は31日夜の記者会見で、感染が確認された学校は当面休校するが、市立学校全体の休校は現段階では考えていないと説明。救急振興財団・救急救命九州研修所(北九州市)教授で、北九州市危機管理参与の郡山一明氏は「日本小児科学会は『患者の中で小児が占める割合は少なく、ほとんどが家族内感染』との見解だが、本当に学校内で広がっていないのか調査、分析が必要。他校の感染状況も見ながら、北九州市内全体での休校を検討すべきか見極める必要がある」と話した。

 市が31日に発表した他の感染者は、クラスターが発生した北九州総合病院(北九州市)の医療スタッフで、小倉南区の30代男性、福岡県豊前市の20代女性、福岡市の40代男性の3人など。25日に感染が確認された門司区の80代女性が死亡したことが確認された。 (東祐一郎、竹次稔、向井大豪)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR