宇宙船クルードラゴン

西日本新聞

 電気自動車大手テスラを創業した起業家イーロン・マスク氏が率いる米企業スペースXの有人宇宙船。2014年に米航空宇宙局(NASA)が開発と国際宇宙ステーションへの飛行士の輸送を26億ドル(約2800億円)で委託した。ステーションに無人で物資を運んできた同社のドラゴン宇宙船に、緊急帰還や生命維持、ステーションへの自動接続の機能を加えた。人が乗る円すい状のカプセルと直径4メートルの円筒の貨物室からなり、両者を合わせた全長は8・1メートル。貨物室は地球帰還時に分離、廃棄する。最大7人乗れるが、ステーションへの飛行は4人が標準。

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ