ごみ出しや届け出、5言語で案内 行橋市が無料アプリ

西日本新聞 北九州版 石黒 雅史

 福岡県行橋市は、ごみ出しや各種届け出など生活にかかわる行政情報を5言語で案内するアプリ「Yuku Navi(ゆくなび)」を開発、1日公開した。「App Store」や「Google Play」で無料ダウンロードできる。

 言語は日本語、英語、中国語、ハングル、ベトナム語。市政要覧に収録している税金や子育て、福祉、医療、公共施設などの情報を紹介している。2019年度の地方創生交付金から約864万円を使い、岡山県のIT企業に発注して開発した。

 市ホームページの新着情報をマイクロソフトの自動翻訳で海外4言語に翻訳する機能もある。いずれは、ごみ出し日や災害避難情報を知らせる「プッシュ通知」のサービスも加える方針。

 市内の外国籍住民は4月末現在で746人。中国、韓国、ベトナム籍が多いという。 (石黒雅史)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ