【動画あり】市民に感謝のハートともす 久留米市庁舎

 福岡県久留米市は1日夜、医療従事者をはじめ、新型コロナウイルスの感染拡大防止に協力する全ての市民に感謝の気持ちを示すため、市庁舎(地上20階建て)の窓の明かりを使って約2時間、ハートの形を浮かび上がらせた。

 市内では4月にナイトクラブでクラスター(感染者集団)が発生。ただ、5月1日を最後に新規感染者はゼロ。「窓文字」はこの日限りだが、市中心部の久留米シティプラザは7日まで青くライトアップされる。

 電気代2千~3千円は市の部課長らでつくる任意団体で負担。「感謝の気持ちを表すのに税金を使うわけにはいきません」と担当者。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR