サインボール良い保存法は

西日本新聞

 ☆プロ野球の監督を務め、名解説者でもあった故小西得郎さんにいただいたサインボールが手元にあります。小西さんが戦前、名古屋軍の監督時代に大分県別府市を訪れた際、うちの家族と知り合ったのです。小西さんは特に兄と親しく、文通していたほどでした。

 サインボールは1950年、小西監督が松竹ロビンスを率いて福岡市に来たとき、球場でいただいた物です。兄は戦争で負傷し、当時入院中。私1人で球場に行ったので、ボールには私の名前が書かれています。

 ボールはわが家に飾ってきましたが、さすがに70年もたつと色も変わり、かろうじて小西さんの名前が見える程度です。それでも私にとっては貴重な品。少しでも長持ちする保存法があれば知りたいです。 (福岡市南区、女性、95)

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ